占い師のタイプわけ

占い師と一言でいってもいろんなタイプに分ける事が出来ます。
いくつか占い師のタイプを紹介したいと思います。
物静かな占い師、言葉数は少なく物静かなタイプの占い師がいます。
必要最低限の事しか話してくれないので、もっといろんな事を知りたいという人もいるかもしれませんが言葉すくなだからこそ、言われた言葉に重みを感じます。

そもそも占いのたくさん言われてしまうと、だから結果的にはどうしたらいいの?と混乱してしまいますよね。
言葉すくなければそれだけを守って注意すればいいわけですから、シンプルで悩みが解決しやすいと言えるでしょう。

浪速のおばちゃんタイプの占い師はズケズケと占いの結果を言ってくるかもしれません。
恋愛相談でも「そこでうじうじしているから別の女にとられてしまうのよ、あんたがもっとしっかりせな」なんてはっぱをかけられてしまうかもしれません。
気が弱い人ならこの手のタイプに萎縮してしまうかもしれませんが、親しみと人情味があって説教をしてくれるタイプなので人間関係に疲れたななんて時にはこkれぐらいパワフルな占い師の方が元気がもらえるかもしれませんよね。

不思議なオーラのある占い師。一言でいえば変わっている占い師です。
もう霊と普通に会話をしそうな感じです。しかし霊感の強い占い師は占いの能力が高いという事ですから変な人ではなく実はすごい人だったりします。
それに形から入りたいというタイプの人にはこのいかにも占い師らしい占い師の方が気分が盛り上がっていいですよね。

他にもいろんなタイプの占い師がいるので、自分はどのタイプの占い師と相性がいいのかいろいろ接してみる事で分かるようになってきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ